サイトメニュー

治療におけるお金の話

男性医師

費用以外に安全性も確認

美容整形術の1つであるボトックスは、副作用や腫れたりするダウンタイムのない安全で受けやすい治療方法です。美容目的の医療なので、保険は使えない事から全額自費になりますが、副作用の心配はどの部位にもなく多くの悩みを解消する事ができます。費用は自由診療なので各クリニックが自由に設定する事ができます。美容整形外科クリニック等、美容医療を提供する機関の料金設定は施術部位や治療の範囲毎に設定されています。1部位の全国平均は3万円程で推移しています。状態は個人によって変わるので、各クリニックが基準としているボトックスの注入量よりも、効果を得る為に増量を要す場合は上乗せされている機関が多いです。ただしそこまで高額な上乗せではありません。全国平均よりも高かったり安かったりと機関毎に違いはありますが、大きく平均から外れる事はありません。費用に違いが出る場合は上記の部位数や薬剤の注入量以外に、それぞれが独自に行っている割引制度によるものが大きいです。会員割引や期間限定のキャンペーン割引も自由にできる事から、大半の美容整形外科クリニックでは導入されています。ボトックス治療は副作用がないと言われていますが、それは薬剤であるボツリヌストキシンがアラガン社製である場合を指します。世界中で使用されており、日本でも唯一厚生労働省が副作用の心配がなく安全性を認めているのがアラガン社製です。ジュネリックもあり、アラガン社製かジェネリックかによって費用も変わっています。ボトックス治療は1部位平均3万円程で推移しており、これはアラガン社製のボツリヌストキシンの場合です。ジェネリックですと1万円程と大きく費用を抑える事ができます。ジェネリックは正規品と同一成分・同効果なので変わりはありませんが、信頼度から費用に差が出ています。ボトックスの効果は半年程であり、効果を持続させるためには定期的に注射をする必要があります。定期的に発生する費用を抑える方法として、ジェネリックは適していると言えます。クリニックも副作用について選択した際は説明しますが、安全性をクリニックが判断して使用しているので安心です。安全性については双方問題はありませんが、信頼度の違いがある事を事前に知っておき選択する事が大切です。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔になろう【副作用のリスクが少ない事が魅力】 All Rights Reserved.